HOME > 私達ならこうします

小池祐工務店のやり方

施工前でも施工中でも、施主様からさまざまなご要望をいただくなか、ときに難易度の高いご要望をいただくこともあります。また、残念ながら建築はトラブルの噂が絶えない業界でもあります。私たちはそのご要望に応えたり、トラブルを回避するために、どうすればいいかいつも真剣に考えています。下記に当工務店の対応を記載いたしましたのでご覧ください。

ご要望に対する提案事例

ご要望:なるべく予算を抑えたい

さまざまな工夫をして予算を抑える努力をします。たとえば通常の国産の自然素材では材料費が高くついてしまいますが、節が多くある国産木材を選ぶことで、半額以下の価格になる場合もあるのです。節が多い木材であっても精巧な技術力を用いれば問題なく加工できるので、化粧柱にそうした木材を用いるなどして、予算を抑えることもできます。

ご要望:施工途中で材料を変えてほしい

さまざまな工夫をして予算を抑える努力をします。たとえば通常の国産の自然素材では材料費が高くついてしまいますが、節が多くある国産木材を選ぶことで、半額以下の価格になる場合もあるのです。節が多い木材であっても精巧な技術力を用いれば問題なく加工できるので、化粧柱にそうした木材を用いるなどして、予算を抑えることもできます。

トラブル回避策

トラブル:近隣から苦情がきた

■「騒音で隣から苦情がきた」
■「職人がタバコをポイ捨てするなど態度が悪かった」
■「空き缶などのゴミが散らかっていた」

上記のような理由で苦情をもらったというお話を耳にしました。当工務店は代表と息子2人の家族経営。そのため、建築時の態度やマナーなどは代表が父としてしっかりと教育しています。また、ある程度の騒音は施工にはどうしてもつきものですが、事前の近隣説明をしっかりと行い、理解していただくことで騒音トラブルを防いでいます。

トラブル:欠陥住宅だった

少し前にマスメディアで「欠陥住宅」のニュースやドキュメンタリーが騒がれていました。「工期短縮のための無理な施工スケジュール」「基礎部分の施工ミス」「適当な設計」などさまざまな理由が謳われていました。まだ皆さんの記憶に残っていることかと思います。当工務店は施主様第一の施工を念頭にしています。確かに工期が短ければコストを抑えられますが、早かろう悪かろうでは意味がありません。

どのようなことでもご相談ください!

当工務店では施主様の理想の住まいづくりをお手伝いするため、できるかぎりの対応をさせていただきます。どのようなご要望でもかまいません。まずは一度ご相談ください! お応えすることが難しい場合には、こちらよりさまざまな代替案をご提案させていただきます!

このページの先頭へ

HOME 代表からのごあいさつ・スタッフ紹介 小池祐工務店の施工実績 施工事例 宮大工の道具紹介:叩く、突く、その他 新着情報